2019年01月03日

ムーニー、勝負時

はい!
深夜のタッピングごめんなさいよ!
ムーニー、今年は

勝負年。

なんてゆーか。。。

(楠枝とムーニー、二人の運命は残酷だった)

というのも、
初めての人がいるにもかかわらず

ムーニー

が後から生まれてしまったということ。。。
ムーニーが生まれた時から
心奪われていたみたいな

楠枝

は、

ムーニーの大ファン
しかし、
旦那はこの人

という

理論上可能

な手法に打って出たことがそもそもの間違い。
心は、

完全にムーニー

であったので今は分かれた旦那との軋轢、

甚だしく

うん、離婚だなぁ。。。
ありえないDVを受けPTSD。
。。。その元旦那が今日、
久々に楠枝の家に来たらしい。。。
ムーニーは実家だった。
楠枝は女。
うまく距離を保ちながら追い返したが
そのあとリストカット。。。
どうやら、

1、元旦那とヨリを戻す
2、ムーニーはトニーくんの息子
3、ムーニーは産める腹と結婚すること

という。。。

理論上可能

なことをまたやらかそうとしていた。。。
そうなのだ。。。

統合失調症問題

は、

理論上可能
精神的不衛生

ということに帰結するが

理論上可能
精神的不可能!

としてしまえば病気の人は、

減る

と思われる。
楠枝の子は。。。いう。

「母さんが悪い」

と。
おいおい。。。
男が考え付きそうな理論だが

楠枝は女

だよ。
なぜ悪いか?
憶測で楠枝にも悪いがムーニーが大事でありながら

旦那はこの人

と元旦那をうまく使ったからであろう。
。。。しかしながら、

「ムーニーを、ホントの三つ指を認めてよ」

という。。。残酷な運命の結果となった。
ここで、

ムーニー、勝負時、

あい、
ちさと、

言ってないで

(一番大事なのは誰か)

を明確にし、
視野が狭くならずに究極の答えを出すと、

「楠枝がかわいそうじゃねぇか」

となる。楠枝もそうだが

女の腹は「割れぬもの」

だよなぁ。。。それと、
楠枝の強い意志の表れともいえるあの声!

「ムーニーちゃん💗」

。。。これがなによりも強いんだ。。。!!
年をとってもリストカットしてしまうのは

道徳観念が発達

しているせいだと思う。

「単純なことじゃないんだ、病気、治らないよ」

ともいう楠枝であるが。。。違う。

理論は理論
頭は頭

ということ。
こういう時には

大事なムーニー

に抱かれてればよいと思う。
しかしそれが甘いと、



が判断してしまう。


精神
生理

の、

たてわけ

。。。単純なことだよね。

しかしながら!
しかしながら!!
しかしながら!!!

と、
いつまでも。
そのうちリスカになってしまう。
今夜は抱けなかったにせよ、

キス

は何度もした。
しかし、

過去あり

ということで若い衆みたいに

開き直り( ´艸`)

ができないのであるなぁ(´;ω;`)
口が、

(チョっ、チョっ)

と言い始めた。

チョウジロ

が題目を唱げ始めたに違いない。。。
なにやら、

呪い

めいたものだが体のパーツの一部を奪うことは

呪い

でできる。

霊媒体質

のムーニーは

霊耐性

の修行でも積まねばならんのだろうな。
なにやら。。。
百々のつまりは、

(ムーニーぐらい楠枝の味方してあげなきゃ)

ってことだよな。
いつまでも、
運命を呪い
リストカットばかりの人生なんてありえない!

好っきとっか♪嫌いとーか~♪

よりも大事なのは、

責任感

だったりするよ!!

しかし男も、女も
一人積み重ねるごとに
業を背負ってゆく。。。
ムーニーは記憶にあるのは二人なので

幸せである

ことは否めないが、

楠枝を救えなかったら

情けない!
自分にとっても損であるな。
二人の意思は、

何度も、
何度も、
何度も、

明確してきた。。。!

(愛してる💗)

と。
ここで大どんでん返し!
などはあり得ないぞ?
しかし。。。
楠枝の

苦肉の策。

チョウジロ。。。C。。。しずえ。。。

などと呟くが。
多分、
いざとなると涙ぐんで仕方ないのであろうな。
それが演技だとなると完全にムーニーは、

負け

である。

己を信じたい
楠枝を信じたい

。。。それでもなにやら残酷な運命の結果と楠枝の

「産めない」

が現実問題としてのしかかる!!
。。。マリア!ハニー!!助けてよ!!!
と、ムーニーの心の叫びを垂れ流しておいて
このへんにしとく。。。

ぐっじゅらっきゅ(´;ω;`)
コメント。。。届かない設定になってるんじゃろなぁぁぁぁぁ(´;ω;`)
7130F5B6-6041-460D-ADC5-61DDECEA0CC7.jpg

posted by 久遠寺纏 at 05:46| Comment(0) | LOVEROG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください