2019年02月21日

時系列に沿って。。。

はい、こんばんは(n*´ω`*n)
ムーニーどえす。
なぜ?
この二人は?
というのが空リプで伝わりにくい人に無料ブログで
知ってもらおうということになる。
時系列に沿うと、

付き合い初めになるが
こんなことがあったんだ。。。

10km

相変わらずよくしてくれる楠枝だったが
そのうち、

車が大破

ということになった。
ムーニーというくそ重たいやつに心労たたって
頭がパニックになってたという。
楠枝は、

「修理費に10万円だって!どうしよう!!」

とムーニーに
必要経費の話を持ち掛けた。
ここで!



の話になる。
ムーニーというのは、

愛、愛
士、士

だが、
楠枝を含めた女性というのがなぜ長生きかというと

金、愛(兼ね合い)

がうまくできるからだと思う。
ムーニーの口から

「やっぱ金だよぉ」

などと楠枝は聞くと!

「そんなことない」

と言ってくれる。
しかし、
ムーニーは最近、

「き~んぴ~ら~♪どんどんどんどどん♪」

などと歌いながら変な踊りを踊っている( ´艸`)
ボンボンは、



だが、

ムーニー(大久間=平家)
楠枝  (七松本=平家)

だから、
兼ね合いを
ムーニー覚えたつもりで

「き~んぴ~ら~♪」

などと踊っている。
兼ね合いを覚えていってるため、
やはりこのLOVEROGは成長物語の側面も併せ持っている。
まぁ、
当時は影での楠枝の苦労などいざ知らずだったが、
そのうち、
楠枝は禁句を言った。。。

「ムーニーは子だよぉ!」

と!それを聞いたムーニーは!

「子?そんな風に思っとったん!?」

と好機とばかりに別れようとした。
なぜ好機か?

手始めのおばさん

を済ませたかったためである。
しかし現実というのは甘くなかった。
いや?甘いと感じるよ?今はね(^▽^)/
なぜって、

運命の人

に鍛えられる日々。
信じてついて行ける人を見つけた後。
それはいいものだからだな。

大破した車では

10km

するどころじゃないから
寝てばかりのムーニー。。。
そこに、

LINE

が入った。

楠枝

だった。
メッセージではなく、ミュージック。


月と太陽/ケツメイシ

君を苦しみから救うために
僕は生きて来たんだろう
たとえ君が悪いやつだって僕は構わないよ
君の弱さを守るために 
ボクは産まれ来たんだろう
たとえ君が望まなくったって

それが運命だから。。。


ムーニーは暗くなってきた部屋で、

泣いた。そこまでの覚悟なのか。。。と思った。
これって履歴残るんだよ?と思ったが

おべんちゃら

は言うタイプではないのをすでに知っていたから、
うん、感動したのである。
しかし楠枝というのは

重大なことを軽く

いうところがある。
しかし軽く言ってる割にはよく考えてたりするからやはり
悪魔に見えたり、
天使に見えたり、
するからよく考えてあげないといけない。
堪忍袋いっぱいにしながら

推理

していくと、
やはりこの人



だっていつもなる。

しばらくして、
その日のうちに

マリア

に連れてきてもらった楠枝が

「福田公園にいるんだ。。。会えないかな?」

と言ったので仕方なく会った。
とっぷりと日は暮れていた。

マリア

にあいさつを交わし二人きりに。
誰もいない夜の福田公園。。。
楠枝は弁解を始め、

「実はさ。。。別れた後で言うのもなんだけどさ。。。子って言ったのもそう思ったからだけど、いざとなった時ムーニーっていうのは男じゃない?ちゃんと男としても見てたんだなぁって思う。でもさ?子供がいて、しかももう大きいのに隠居しないでまさか男と付き合うなんてと思うと罪の意識でさ。。。子なんて言っちゃたんだ、ごめん。」

と言った。
ムーニーは、
それを聞いて!

ばぁ~~~~~~~~~っっ!

と計算が済んだ。
ムーニーも楠枝も計算はすさまじく速い。
文字、数字で考えないからである。
そういう時のモードは
後で思い出しづらい。
しかしその時は(いや、よくあるが)

(こりゃぁ。。。楠枝だ!)

と思ったムーニーはこう言った。

「ムーニーを救うために楠枝が!楠枝を救うためにムーニーはいるんじゃな!よし!もう一回付き合って!?」

と。すると楠枝は

うん

とうなづいたが、
ぼやいた。

「楠枝は、しつこいぞ」

と。今となってはそのしつこさが
まるで我が子にそうするようにとしか思えないため
やはり、

(あれれ?これが愛ってやつか)

と思う。
まぁ、
その日は話が付いた後
手をつないで
常夜灯で光る福田公園の夜道を固く手をつなぎながら歩く二人。
そこでムーニーは夜の空に叫びがちに言った。

「楠枝に決めた!」

と。この楠枝に決めたというのは計算で

絶対

というのが出たからである。
しかし計算通りにはいかない。
二人には、

パワハラ
マネハラ

が全然まだあったからだ。
現実は厳しかったがもうほぼ後日談の

5周年記念ブログ✨

だが。
常夜灯の下で
ムーニーは、

「踊ろう!」

と急に言い出して
楠枝の腕と自分の腕を絡めた。
急にそんな踊れない人は多いと思うが

相性ばっちり

の二人は瞬時に意気投合!
フォークダンスを

「らんららんらら♪」

と踊った。
お互い、

トラウマ

はあれど実は人懐っこい
しかも、

うっきっき~~~~っっ

という(サル)であることは否めない。
二人とも

(子どもっぽさ)

の点で共通する。
最近になって楠枝にムーニーは聞いた。

「楠枝っていうのは政治家みたいなとこあるけど実は素直すぎる子どもでしょ!」

と。楠枝はよくぞそれを言ってくれました!と言わんばかりに機嫌がよくなり、
しかしながら困った表情で

「うん。。。!そ~ゆ~のが、抜けていかないんだよねぇ」

と言った。
だから大人になってから困った、と会話したのを覚えている。
踊ってからすぐに
マリアが車で待っていたから急いで帰り、
ここでその日はバイバイになった。
ちゃんちゃん💗
posted by 久遠寺纏 at 02:29| Comment(0) | LOVEROG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください