2019年03月02日

昔話

はい!
LOVEROG

もひと段落して
今回はエッセイ。
なんてーか、
他社から

引っ越し

してきたもの
もありますよ?
様々と書くが
結局!
まとまりがない(T ^ T)
ムーニーは

病気

どえす。
まあそれはさておき今回は

昔話

にしたい。
また、

久遠寺サロン・ド・ロイヤル

みたいに
同和問題で
炎上しかねないことを
綴る。。。

小学生の頃、
とある武家の友だちがいた。
ムーニーは
その子の家に行くときは

裏口

からで
台所などのあるほう。
イチヂクの木
が生えていた。
みんなは

坂道

を降りて帰る。
その武家の友だちに
ムーニーは
頼んだ。

「みんなと一緒のほうから帰りてぇ!」

その友だちは言った。

「もっつぁん。。。みんなと仲良くできると思っとん。。。できんで?」

今となっては
この武家の友だちは
割り切ってたと思うようになった。
うちのおじいさんも
酷いことに

朝鮮人さん

がまとわりつくと


でつく。
戦争もあったし、
仲良くなれんと割り切る
にはそれなりの
教育やら
経験やら
あったのだろう。
ムーニーは
自分の
素性に迷うことがよくあるが(教えてもらえないからなぁ)
多分、

きんぴら

だな。赤十字だのなんだの。。。本当の親父は死んだと聞いたが今頃北朝鮮にいるとかなんとか。。。しかしながら今日、西本の親父の顔を見たら

ほっ

とした。
うちのおじいさん
に杖で
つかれたことはないしな。
うーん。。。
多分、
西本の親父
は実の親父なんだろなぁ。
だとしても!

源平ピンク

だよ!
なんでどこのカテゴリにも入れない
ように

ブレンド

してんだよぉ〜!
まあ、
いいや。
小学生の頃の話に帰ると
みんなと一緒のほうから
帰っていたのに
いつのまにか
また!
その友だちの家だった。。。
意地になって
何度も繰り返した!

(みんなと仲良くしてぇ!!)

その気持ちは
民衆勝利の

創価学会員

らしく強かった。。。
しかしその友だちは暗くなった自分ちの台所で言った。

「もっつぁん(ムーニーの子どもの頃のあだ名)。。。もう日が暮れてしもうたがな。。。ええ加減にしなよ」

と。この武家の友だちはムーニーは傷つけないようにするところがあった。しかしながらいくらなんでもというところまでお邪魔してしまったため、

裏口(イチヂクの木のあるほう)

から帰った。
その道中でのムーニーの感情は

(寂しい)

のであるが
それは贅沢なことに近年気づいた。
ひとりぼっち
だけど

(絶対だいじょうぶ)

な環境にいつもいたこと。。。
地獄もみるんだ、ムーニーは。
でもいつも

地獄みるだけ、地獄じゃない

のだ。
べつにこのようなことが自慢したいんじゃなくて
現代にも超常現象にも似た、

(どうしてもみんなと一緒のほうから帰れない)

という古い家同士の子のなんとやら。

不思議

だ。
まだそういうのあるから紹介した。
このへんで疲れたから
まとめに入ろうと思うけど、

現代の武家

って生きづらいよな!?
ムーニーブログなんて
その類の人しか
読まないだろうから
書くけど!!
武家じゃない人のあの

(どうしても欲しいんじゃ!!!)

という節操のなさには参るよ。
武家のほうはというと。。。

(そんなに欲しいんなら。。。あげるよ)

と言わざるを得んところはなんだよぉ〜(T ^ T)

パワハラ
マネハラ

なんでもござれの現代だよなぁ〜(T ^ T)
あ!
そうだそうだ!!うってかわって
ムーニーにとっては
いや、
ムーニーを応援してくれる人には

朗報

かもしれない。
ボンボンが

民事

で負けたでぇ!?
うちの美也母さん、

「私はいよいよ動いたで!?」

と言って勝ち名乗りだ。
こうも言った。

「なんのために民法があると思っとん。あんな奴らのためにだ」

と。
それで、

楠枝


「正義(ムーニー)と一緒にいてね!よぉ!」

と様々なことを話し合いながら頼んでいた。
やっぱりな。。。
ムーニーは
金はないけどいい家(屋号付き)

最後は絶対だいじょうぶ

な奴だったな( ̄∀ ̄)
はぁ〜〜〜。。。しんどかった。
しかし、

判決

があった後でも
ボンボンから
連絡があるのだが
その分

こっちが儲かるシステム

になってるらしい。

ボンボンの寿命

を現実的に悟ってしまったのだが
さみしかった。。。いいとこない奴はいないということだなぁ。
さて!
これから
特記点としては
ほぼない。
だから、

「吾輩は猫である」

みたいなのが書きたいものだよ。後は!

「笑うっきゃね〜( ̄∀ ̄)」

みたいにね?
開き直るには少々イカれてしまったが。。。
まあ、
皆さまもご健勝のほどをお祈り申し上げます。

GOOD LUCK!!

posted by 久遠寺纏 at 00:58| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください